前へ
次へ

接骨院とチラシの関係性

接骨院をオープンする場合や既にオープンしているのにお客さんがあまり来ない場合は、チラシに頼る方法もあります。チラシは比較的簡単な宣伝方法で、テレビコマーシャルなどの比べると費用も安いです。一昔前は、町内会の名簿等に接骨院の宣伝をしているところもありました。また、電話帳に接骨院の宣伝を入れているようなところもあります。しかし、電話帳を見る世代は通常60歳以上の世代でスマートフォン世代にはほとんど縁のないものです。つまり、客層60歳以上と考えるならばそのような宣伝方法でも良いですが、そうでなければチラシ等で宣伝した方が良いこともあります。チラシは、すぐに効果があるわけではありません。たくさんチラシを巻けば来てくれる可能性は高まりますが、チラシだけで形がうまくいくと甘くは無いわけです。ただ、だからといってチラシが必要ないとも言い切れません。そこにお店があることをアピールすることができるため、すぐにお客さんが来なくても毎月定期的にチラシをまくことができれば、地味な宣伝活動になるでしょう。

Page Top