前へ
次へ

整体院と整骨院の具体的な違い

整骨院と接骨院はどう違うのだろうと考えたことはありませんか。どちらも同じマッサージを行うための施設と考える人は少なくありませんが、実はかなり違いがあると知っていると通うときに便利です。そもそも整体院は日本では民間療法として知られる整体を行っている施設となっています。カイロプラクティックと日本古来の手もみ療法が組み合わさった施設で、カイロプラクティックに似た治療を行う施設です。整体院では整体師と呼ばれる民間団体の資格を取得した人たちがマッサージを行います。整体師は国家資格ではありませんが、専用の学校が存在しているため、資格を取る人は通っていることが多いです。対して接骨院はただのマッサージ施設ではありません。骨折や脱臼、打撲、捻挫等の治療や施術を受けられる施設です。厚生労働省の認可した柔道整復師と呼ばれる資格を持っている人が治療に当たります。柔道整復師や国家資格です。医療行為を行うため、国家資格を取得していない人は治療を行うことができません。もちろん治療方法によって対応は異なりますが、治療を行っている人すべてが柔道整復師の資格を持っています。とはいえ、国家資格を持っていれば必ず優秀な治療を行ってくれるのではないかと考える人は少なくありません。実は必ずしもそうとは限らないことも知られるようになりました。というのも、新人の国家資格を取ったばかりの人より、長年ベテランとして活動をしていた整体師のほうが技術力が高いことが多いです。そのため、整体院とは言えども本格的に活動している期間を確認することで、信頼できる整体院を見つけることができるでしょう。口コミサイトで近隣にあるところを見つけ、検索することができるため、事前に確認をしてから通うべきです。口コミサイトだけでは情報が今一つはっきりしない場合、SNSで情報確認してから通えるようにすることが望ましいでしょう。SNSであれば実際に通った人が、また、通っている人の意見なども確認できて便利です。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren2set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top