前へ
次へ

接骨院をうまく経営するには

個人経営は、サラリーマンなどに比べると楽ですが、その分背負うものは大きくなります。自分の形次第でうまくいくことができるものの、経営がうまくいかなければ赤字になってしまい接骨院を畳まなければいけません。これを避けるためには、具体的な戦略をよく考えることが必要になります。例えば、弱者と強者があった場合強者のほうになることができれば良いですが、ほとんどの場合オープンしたばかりの場合には弱者になっている可能性の方が高いです。この場合、一番以外は全て弱者と言えるでしょう。そのため、弱者の戦略をとることが必要になります。弱者の戦略とは、強者が絶対に真似できないようなやり方をすることです。よくある例としては、細かなサービスをすることでしょう。規模の大きな所に関しては、規模が大きい上に細かなサービスをすることができません。このように、強いものが真似できないものを実行して、徹底してブランディングをしていくことが重要になります。

Page Top